• ファクタリングのメリットとは

    ファクタリングは専門業者に売掛債権を売却して資金調達する方法です。
    最も大きなメリットはビジネスローンなどと比較して簡単に資金調達できる点にあります。


    一般的な金融機関から融資を受ける場合には企業の経営状態などが審査されます。
    しかし売掛債権の売却では売掛先の信用力が重視されることになります。
    ファクタリングには2社間で行うものと3社間で行うものが存在します。
    2社間で行う場合には利用する企業の経営状態も審査対象となります。


    3社間で行う場合には償還請求権の有無により違いがあります。

    ファクタリングの人気が上昇しています。

    売掛債権の売却には償還請求権があるものとないものが存在します。


    償還請求権がある場合には売掛先が倒産すると利用する企業が弁済の責任を負います。そのため企業自身の経営状態も重要な審査条件です。



    償還請求権のない3社間のファクタリングでは、専門業者が売掛先倒産のリスクを負うので企業の経営状態は無関係となります。



    償還請求権がある場合には一般的に手数料が安くて済みます。一方償還請求権がない場合には企業が自ら売掛先倒産にリスクを負わずに済む反面、手数料が高くなります。


    ファクタリングによる資金調達は早い場合には即日でも可能です。
    そのため急な出費が必要になった場合などでも対応できるというメリットがあります。

    金融機関から融資を受ける場合と異なり、不動産などの担保も不要です。
    償還請求権のないファクタリングの場合には売掛先が倒産しても企業の負担とはならず、信用力に傷が付くことはありません。